2020年4月16日令和2年4月 三週目

快晴の日。風が強かったことも有り桜の花びらが散った後、
今度は花びらのついていた へたが沢山落ちてきます。

この時期、朝の外遊びでは花びらを集めたり、
このへたを拾って何かに見立てて集めて見たりする子供たちが多くなります。

桜の木は季節の変わり目や 時の流れを見て感じさせてくれるだけでなく
触らせてもくれる訳です。硬い、柔らかい、桃色、えんじ色、黄緑色、緑色。
庭で遊んでいる時、先生とのたわいもない話(実は意識して話してますが)
立派な教育として この落ちてくる さまざまな物で話題につなげます。

例年は、毎朝一時間かけて掃き掃除をするので 大量に園庭に広がる事は有りません。
(土日休み後の月曜日朝はちょっと多いですが)
掃かないでそのままにしていると 遠目では風や雨に押されて不思議な模様に見えます。
この景色は子供たちは見たことが有りません。




4月3週目はこんな景色です。春もどんどん進んでいますね。

チューリップは朝の気温が低い時はこんな開き方です。

昼間気温が上がると開いてきますが
この日は一気に20度を超したので開き過ぎて別の花のように
見えて思わず笑ってしまいます。



色々な表情が有りますね。
来年は皆にも見せてあげたいです。(一年後の楽しみにしましょう)


もうすぐバラが咲き始めそうですよ。

その他の思い出